記事の詳細

函館西部地区2018秋のバル街
9/2(SUN)12:00→24:00

●前売りチケット
1冊(¥700×5枚) ¥3,500

●当日チケット
1冊(¥800×5枚) ¥4,000

 

旧市街を一夜のバル街に
■ 5枚つづりのチケットとマップを手に、函館西部地区のさまざまな店を訪ね歩くイベント「バル街」!
■ 今回で30回。記念のセレモニーとライブを金森ホールで。12時開始の試みも!
■ 西部地区の新規店、八戸など新地域からの参加などで過去最高の81店が結集!
■ 道南スギによる古民家復活参加を学生さんの手で。寺院の開放やきものdeバルなど協賛イベントもあちこちで!
■ 無料バル街電車、増発終電、お帰りバスでゆったりと安全に!

MFB! まち吹きわたるバルの風!

函館西部地区バル街はこの秋バルで30回を迎えます。昨年受賞したグッドデザイン賞の評価で、地域をくるんだ取り組みやバル街が全国に広がってきたことが挙げられていました。これもバル街に関わるすべての人たちの継続した取り組みがあってこそだと思います。そうしてやってきて”いつの間にやら”30回。スペイン大使館からもおいでいただいて節目のセレモニーを行う予定です。
今回は、30回の節目を記念して12時スタートを試みることにしました。「真昼から出てみたい」という方々のご要望に対し、20店以上のお店が呼応してくれました。開催日も秋バルとしてはもっとも早い9月2日。好天に恵まれれば、テラスで晩夏の風に吹かれながら乾杯し語り合うような半日が期待されます。幕末の開港をともにした開港5都市景観会議とも重なり、全国からの会議参加者との交歓も期待されます。
参加店はこれまで最多の81店。八戸市や鹿部町などの新地域からの参加店もありますし、西部地区に新規開店したお店の参加もあります。古い建物のリノベーション、道南スギの活用をめざしたコンペ入賞の学生さんたちが運営する古民家の復活もあります。
世界の平和、被災地の真の復興などそれぞれの思いを抱きながら、西部地区へ。マップを手にして5店の飲み歩き、食べ歩き、そしてまち歩きを楽しみましょう。旧市街の魅力を自分で感じていくよき時間を!!

写真:野呂希一

参加店(81店)
チケット販売・購入方法
協賛イベント
あとバル参加店
バル街のルール
公共交通機関のご案内

関連記事

ページ上部へ戻る